免疫最大化がん治療

  アイマックスがん治療は免疫力を生かした集学的治療法

 がん治療最新情報のホームへ  
スポンサードリンク
                                   
  免疫最大化がん治療
   I - MAX Therapy
       
   「免疫細胞療法とがん免疫治療」トップへ  スポンサードリンク
 
免疫とは何か
細胞の種類と特徴
がんの発生と免疫
歴史と種類
治療法の選択肢 
免疫抑制とは 
温熱療法との併用 
分子標的薬と免疫治療
長所と課題
種類と一覧
がんの手術との併用
抗がん剤との併用 
放射線治療との併用
治療が適応できるがん
治療効果 
病院の紹介
治療の費用 
がんワクチン
樹状細胞ワクチン
BRM療法
サイトカイン療法
LAK・NK療法
αβT 
γδT 
NKT 
BAK 
CTL 
TIL
DCI(樹状細胞局注) 
抗体療法 
丸山ワクチン治療  
アイマックスがん治療 
       

免疫最大化がん治療(アイマックスがん治療)とは

   

このアイマックスがん治療=Immune Maximizing therapy for cancer は,樹状細胞ワクチン療法,IMRT(強度変調放射線治療),低用量抗がん剤の3つを組み合わせることで,免疫細胞の力を最大限に引き出そうという集学的治療法です。

このアイマックスがん治療は,化学療法研究所附属病院の高橋豊医師と名古屋市立大学の芝本雄太医師とテラ株式会社の共同研究により開発された治療法です。

また,高橋豊医師は,がんと共存しながらも長期の延命を目指す医「がん休眠療法・がん共存療法」をも考案しています。



がん休眠療法・がん共存療法とは


高橋医師の考案した,「がん休眠療法・がん共存療法」では,抗がん剤治療の副作用を最小限に抑えるため,血液検査や患者の症状などから,毒性がでない抗がん剤の使用量を決定し,長期間治療をおこなっていきます。

使用する抗がん剤も,免疫細胞にダメージを与えない,分子標的治療薬を中心に投与します。

この治療法は,患者一人ひとりの体質に合わせ,副作用が強くでないように抗がん剤の使用量を決定するというテーラーメイド治療といえるでしょう。


この「がん休眠療法・がん共存」療法のメリットは,副作用があまりでないということだけではなく,腫瘍を消滅させることはできなくとも,長期延命が可能であり,免疫細胞がダメージを受けないことです。



アイマックスがん治療は免疫細胞の力を最大限発揮させる集学的治療


アイマックスがん治療では,先ほど紹介した「がん休眠療法」に,免疫細胞療法の最新治療法ともいえる樹状細胞ワクチン療法とピンポイント照射が可能な強度放射線治療(IMRT)を組み合わせています。

樹状細胞ワクチン療法はこのサイトの他のページでも紹介していますが,免疫システムの司令塔ともいえる樹状細胞に,がん抗原を認識させ,体内にもどすことによって,キラーT細胞に標的を認識させ,がんを攻撃させるという免疫細胞療法の一種です。

一方のIMRT(強度変調放射線治療)は,最新のピンポイント放射腺技術であり,究極の放射線治療ともよばれています。

この照射装置では,多方向から腫瘍に放射線を正確に照射できるだけでなく,照射方向によって,線量を変化させることが可能で,正常組織への影響を極力おさえることを可能にしました。

すなわち,このIMRTは体への負担も少なく(低侵襲)で免疫機能を下げない治療法といえます。

このアイマックスがん治療は抗がん剤治療,放射線治療,免疫治療の最新治療技術を組み合わせた免疫機能を最大限生かした治療法といえるでしょう。

また,このアイマックスがん治療に,免疫療法の効果を上げる温熱療法を組み合わせているクリニックもあります。


このアイマックス治療は,(株)テラとの提携施設でおこなっています。この治療を希望される方は下記に問いあわせてみてください。

 実施期間問い合わせ              (株)テラとの提携施設一覧

                               九段クリニック分院
                                
                                花園クリニック 

 
     
スポンサードリンク      
 
  
  
 
 
  
  末期がんでもあきらめない! 世界が認めた抗ガン漢方薬! サンプル無料!
 
 
Copyright(C)2013 All Rights Reserved 
webmaster  k.kobayashi